忍者ブログ
趣味趣向など自分の宣伝も含めて いろいろと紹介していきたいと思います。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




実際に業務の中でOfficeを利用したり、
他の方がOfficeにて作成した資料などを拝見する機会があるのですが、
個人の感想としてOffice2007で作成した資料は
「とにかくきれいでわかりやすい」と、
声を大にしてお伝えすることができます。
資料と言っても毎日の業務の中で、
個人的に作成する表などであり表の作成という面だけに
時間をかけられないのに、
あれだけ見るだけで何が起こっているか
分かるものを簡単に作成できる機能がついているってすごいと思います。

ちなみに今回のバージョンは、
約10年ぶりの大幅リニューアルとのことです。
実際使用してみて、「た、た、確かに・・・」、
と唸ってしまうような変化ですが、
その中で大幅に進化したのは以下の3点です。
1.User Interface(ユーザーインターフェイス)
2.Graphic(グラフィック)
3.File Format(ファイル形式)

今回はその中で、
User Interfaceの「リボン」という機能をご紹介します。

リボンは、これまでのメニューやツールバーに代わるもので、
コマンドを参照しやすいように設計された
モードレスのUser Interfaceです。
リボンは、以下のthe 2007 Microsoft Office system
アプリケーションで使用されています。
・Office Access 2007
・Office Excel 2007
・Office PowerPoint 2007
・Office Word 2007
・Office Outlook 2007

これらのアプリケーションを開くと、画面の上位に表示され、
1番に目に飛び込んできます。
リボンを使って私たちは、フォント設定から始まり、
表やグラフの作成など自分の作りたい資料をカスタマイズしていくのです。
リボンにはダイアログボックスの開閉がなく、
特定の目的ごとに整理されています。
具体的には、リボンのタブ自体が機能ごとに
分かれたグループからなり、
そのグループには機能ごとに関連性のある
コントロールがまとめられています。
また、機能名が記されたタブを選択すると
リボンの中身が切り替わる設定となっているので、
やりたい作業がある際にリボンを切り替えていけば、
見るだけでどのアイコンを押せばいいのか検討をつけることができます。
そして、リボンの内容は編集内容に沿って変化します。
Office 2007は、ユーザーの作業状況に応じて、
必要となる機能を優先的に前面に表示してくれることになるのです。

それだけでなく、リボンのコマンドボタンはカラフルで、
図がたくさん使われており、このコマンドボタンを押すと
どんなことが起こるかがなんとなくわかってしまいます。
私は、物覚えが悪いので、この機能のおかげで随分と助かっています。
作業工数も減り、資料作成にかかる時間も随分と短縮されているのではないかと・・・



拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
改造コードリンク
お天気情報
お知らせ
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
FX NEWS

-外国為替-
最新トラックバック

Copyright © [ 今日ここでここから始まる、ボルテックシューター ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]